図書館

中央美術学院図書館の歴史は長く、国内最大の蔵書量を誇る美術専門図書館です。各種図書、画集など36万冊余りの蔵書があり、貴重な木版年画、挿絵線装古籍善本、漢代石刻画像石拓本、歴代碑帖、原鈐印譜などを収蔵しています。また、欧米、日本などで出版された原文の美術専門図書、絵画の複製品を収蔵しています。


図書館には芸術図書、社会科学刊行物、マルチメディアなどの図書閲覧室があり、開架式、半開架式の閲覧方式を採用しています。また、中国知網(CNKi)の定期刊行物全文データベース、博士・修士論文全文データベース、「書生の家」電子図書、故宮オンライン、台湾博士・修士論文データベースなどが閲覧できるほか、中央美術学院図書館独自の美術参考書全文データベース、美術に関する核心定期刊行物編目などが利用できます。